美容師資格徹底ガイド

美容師資格についての情報サイト

美容師免許と一緒に取りたい資格

美容師免許を取得し、プロの美容師となった時に、一緒に合わせて持っていると便利な資格というのがいくつかあります。
もちろん、自分の勤め始めた美容室やサロンが独自に新たなサービスを展開するなどして、必要となる場合もありますし、美容師として施術にあたる時に役立つ意外な資格などもあります。

美容系の資格

まず、美容室やサロンでヘアカットやヘアアレンジ、パーマ以外のサービスをするときに役立つ資格を挙げましょう。

着付け、ネイル、まつ毛エクステンションなどやはり同じ美容系の仲間ともいえる資格が挙げられます。
最近の美容室やサロンでは、これらの美容系サービスを皮切りに、マッサージやヨガ教室、アロマテラピーなどのさまざまな分野のサービスを、プラスアルファの魅力として打ち出しています。

>>アロマテラピーの資格<日本アロマ環境協会>

ネイルはヘアアレンジや着付けとのトータルコーディネイトも可能となり、店側は顧客の囲い込みと客単価の引き上げが見込めます。
お客様側からしても、あちらこちらのサロンのはしごをして駆け回る必要がなくなり時間の短縮にもなり便利です。
さらに今後は需要が増えてくるかもしれません。

ネイル系の資格では有名なのがJNEネイリスト技能検定やINAネイルスペシャリスト技能検定です。
どちらの試験にも学科試験と実技試験がありますので、特に実技に関しては美容学校にて実習を受けるか、新たにネイル系のスクールに入って技能を磨くかした方が、合格しやすくなります。

美的感覚を養う仕事

また、美容師として専念する場合にも色彩検定など、美容の仕事に携わるものとして、持っていたら活かせるものもあります。
カラーコーディネーターと呼ばれる色彩検定は、色に関する知識と技能を身に着けたことの証明となり、幅広い分野で利用されているため、美容師の他にアパレル関係やフラワーアレンジメント、製造業などいろいろな職種の人々が受験しています。

美しい外観を求めたり、センスの良い配色や色による効果を演出する技術を持ちたいと願う人や、そう言った色の影響を系統的に理論的にマネジメントしたり、プレゼンテーションの説明に活かすためには、直接的に美に係わる仕事をしていなくとも必要とされ、需要の高い資格でもあります。

美容師として働いていれば、カラーリングのことを聞かれることもありますし、ヘアアクセサリーの色について相談を受けることもあるでしょう。
カラーリストを極めるためにも、その裏付けと自信を確固たるものとするには理論が必要です。

資格を実際に取得しなくても、その分野に長け、自信と理論を元にしたアプローチでお客様に向き合うことは信頼関係に繋がり、専門知識を幅広く持つ美容師としての評価に繋がるかもしれません。

さらにそうした場面で理論の裏付けのある提案が可能であれば、美容師としての評価はグッと上がるに違いありません。
色彩検定は文部科学省後援の資格なので、その資格自体の評価は高く、そのレベルにも信頼があります。

こうした他の資格などと合わせることによって美容師としての幅が広がりますし、様々な美容系のスキルを付けることによって美のスペシャリストとして職場でも重宝されるでしょう。

>>管理美容師
管理美容師は、美容師が2人以上勤める場合は必ず必要となる存在です。