美容師資格徹底ガイド

美容師資格についての情報サイト

美容師免許を活かせる職場

美容師国家試験に無事合格を果たし、美容師免許を手に入れたら、いよいよプロの美容師としてのスタートです。

もちろん、すぐに自分でサロンを開店して…というわけにはいきませんが、有資格者として就職することでアシスタントなどをしていた人も、ぐっと待遇アップが可能となります。

なによりも自分が主体となってお客様と向かい合い、サービスをすることができるのですから、やる気も気合も入りそうです。

自分に合う職場を選ぶ

037412
美容師免許を取っても実務経験不足が不安という人は、大手サロンなど研修制度ができるだけしっかりしたところへ就職できるように活動し、できるだけ多くの技術を、就職してからも身に着ける努力をしましょう。

また、美容師免許を活かせる職場は美容院、サロンだけではありません。
エステティックサロンやブライダルサロンなど、様々な職場で美容師の資格は求められています。

就職先を探すにあたっては一般的な求人情報誌や求人サイトも活用できますが、よりコアな情報を得て、より良い就職先を探したいということであれば、美プロのような専門に美容関連の求人情報を集中的に掲載している求人サイトを利用するのが便利です。

>>美容師の求人情報<美プロ>

ここでは美容師を中心に美容関連の職場、職種を幅広い分野で掲載しており、都道府県や職種、キーワードなどの入力で、日本全国の美容関連のお仕事の検索が可能です。

視野を広げよう

美容師の免許というのは、エステサロンやネイルサロンと言った一見、ヘアには関係のなさそうな現場でも重宝されます。
美容師の資格がなくても勤務は可能だけど、あればサービスの幅が広がったり、その技術や知識を活用できるため、意外な職種でも美容師の有資格者は求められます。

また、美容専門学校によっては選択科目としてネイルやまつ毛エクステンションなどの資格の取得が可能となっている所もありますし、美容師として働いている人でも途中から取得する人もいます。

このように美容関連のお仕事というのはどこかで深く結びついていることが多いのです。
ブライダルサロンやフォトスタジオ等のヘアアレンジ担当として従事することもできますし、美容師の免許というのは、いろいろな職場で活かせる可能性のある資格なのです。

求人を調べていくにしたがって、今まで自分が知らなかった業界の求人に触れることもできますし、自分の可能性が広がっていくのが感じられるでしょう。

>>アイリストになる
まつ毛の専門家であるアイリストについて。

>>ヘアメイクアップアーティストになる
ブライダル会場などで活躍するヘアメイクアップアーティスト。

>>ウィッグアドバイザーになる
ウィッグを販売するお店で働くウィッグアドバイザーという仕事があります。

>>美容ディーラーで働く
美容ディーラーとはどんな仕事?

>>美容学校で講師
美容学校にて講師やインストラクターとして働きたい方へ。

>>エステサロンで働く
美容師はエステサロンでも需要があります。

>>ネイルサロンで働く
ネイリストの仕事に興味のある方はネイルサロンへ。

>>ブライダルサロンで働く
人々に感動を与えられる、ブライダルサロンでのヘアメイク。