美容師資格徹底ガイド

美容師資格についての情報サイト

美容師と理容師の違い

美容師と理容師の違いというのは一見分かりにくく、客側としては、自分がいつも施術してもらっているのはどちらであろうかも理解している人は少ないかもしれません。

実際に美容師と理容師は仕事内容も大変似通っている部分もあり、区別が困難です。

また、一昔前は女性なら美容室、男性や子どもは理容室などと言うと、なんとなくのイメージで固定されていましたが、最近ともなると、老若男女関わらず、美容室を利用したり、また、お店の名前も理容美容関わらず、「○○サロン」やおしゃれな横文字の名前に変えて、若い男女の顧客の呼び込みに余念がありません。
より一層二つの仕事の区別を分かりにくくさせています。

美容師と理容師の違いとは

美容師と理容師の仕事の違いを一言で述べるのであれば、美容師はカミソリを使えない、理容師はパーマをかけられない、という点が大きいのではないでしょうか。

美容師の仕事の中心というのはパーマネントウェーブやヘアセット、ヘアアレンジメントやメイクとなっています。
美容師法第2条にも「容姿を美しくすること」と定義されており、着付けやメイクも手掛けたり、文字通り美容に関することと言えるでしょう。

一方理容師は「容姿を整える」ことを理容師法でも定義しており、カットやかみそりによる顔剃りなどを中心に行います。

カミソリの使用は特に難しく、修業を積み、経験を重ねた理容師のカミソリの扱いは見事なものです。

また、カットも美容師のように自然な流れを作る風潮ではなく、正確に整えるというスタイルが主流で、刈り込みなどで数ミリの長さにもこだわりを見せる店も少なくありません。

やはり男性は理容師に、女性は美容師に、というイメージが感じられますが、実際には女性が顔そりのサービスを目当てに理容室を利用するケースや男性がパーマネントウェーブやナチュラルヘアスタイルを求めて美容室に通うケースも増えており、境界線はあまり感じられなくなりました。

中にはご夫婦で経営されているサロンで、一方は理容師免許、もう一方が美容師免許というようにどちらも対応できるスタイルの店を作るパターンなどもあります。

この場合には、しかしながら、店の入り口を別にしなくてはいけないなど、理容と美容の区別を感じさせます。

どちらを目指す際にもそれぞれ指定された養成施設などの課程を修業した後、またそれぞれの国家試験を受ける必要があります。

理容師よりも美容師免許の方が合格率は高い傾向にありますが、それぞれに向き不向きもあるので、合格率に関わらず、自分の志す方を極めましょう。