美容師資格徹底ガイド

美容師資格についての情報サイト

専門学校の授業

美容師養成施設である美容専門学校では、国家資格である美容師免許を取得するためのカリキュラムが主に組まれます。
おおむね、時間数などはきめられている受験資格に必要な時間数を上回って履修が求められるところが多く、また、実践的で将来に活かせる選択科目や多くの実習授業や校外学習などの研修などでそれぞれの専門学校ごとに特色を出しています。

必修となる科目でも校内イベントやカリキュラムの組み方などそれぞれ興味を持って取り組めるアプローチの仕方は違いますし、メイクアップやネイルアート、エステティックなど美容関係で合わせて持つと有利となる資格取得などに力を入れている学校もあります。

もちろん、楽しいばかりではありませんが、自分の興味を持って取り組めるカリキュラムが実践されている専門学校を選べば、より楽しく学ぶことが出来そうです。特に昼間課程では、コンテストやショーの演出を通じて美容師としての感性を磨き、ライバルたちと競い合うことでよりやる気をアップさせられます。
研修旅行などを通して、集中的に技を磨いたり、仲間と団結するなどスクールライフも楽しむことができます。有名なテーマパークなどに宿泊研修旅行をして、サービスの在り方を学んだり、人を喜ばせるコツを探したりする楽しい授業を行う学校もあるようです。

いずれの学校も学生の興味を引き、より効率的に国家試験の合格を目指すべく、特色ある授業を行い、受験対策など手厚くカバーしてくれます。
より実践的な授業が多い学校を選べば、合格後の就職にも役立ちます。専門学校と言うのはそもそも実践的で実社会に出たのち、すぐに使える人材として育てる事を評価されるため、就職率の高さを誇りますが、美容学校もしかり(よりその実践的な傾向が顕著な分野ともいえます。)即戦力としての教育も充実しています。

実習やその関連企業での研修などに重きを置き、楽しい中にも職場としての意識を高く持ち、その意識や精神的なモチベーションもより実践、リアルな現在の在り様に近づける事を目指しています。

美容専門学校は入ってから卒業までの全てのカリキュラムが、全て美容師の国家試験に合格することと共に、その後の将来の職業にリアルに反映されています。
それを受け入れ、全てを吸収するのは当然のことながら、それを活かし、自分の行きたい道に同化させ、いつか現場に立った時にどれだけ実践できるか、自分自身としての飲み込み方によっても同じ授業を受けている者でも成果には大きく差が付く事があります。

美容学校での授業は義務教育や普通科高等学校の授業のように一般的な知識として「いつか役立つ」というあいまいな物ではありません。
即戦力として現場ですぐに活きてくる切実で直接的に役に立つ貴重な経験の一つになるのです。