美容師資格徹底ガイド

美容師資格についての情報サイト

美容師免許をとるには

美容師の国家資格

美容師になるためには美容師の資格を取得する必要があります。
美容師免許は国家資格ですし、有効期限はなく、更新等の必要は基本的にはありませんので、一度合格すれば一生モノの資格となりますし、就業に直結するかなり利用価値の高い資格でもあります。

そのため、美容師免許の取得は摂るまでに時間もかかり大変ですが、とても人気があり例年多くの受験者が押し寄せます。

また、将来的に管理美容師などスキルアップも目指せて、まさに手に職を持ち、腕一本で独り立ちもできる専門職として極めることもできそうです。

美容師免許を取得するためには国家試験に合格する必要がありますが、その前段階の受験資格として「美容師養成施設」を卒業しなくてはなりません。

美容師養成施設とは

「美容師養成施設」というのは、いわゆる美容学校のことですが、受験資格を得るためには厚生労働省が規定した条件を満たしていて、厚生労働大臣の認可を受けている学校を卒業しなくてはいけません。

世間には多くの美容学校があふれ、中には無認可のスクールなどもありますので、どこのスクールに入るかを選ぶ段階で認可の確認は必要です。
通常はホームページや学校案内などのどこかに「厚生労働大臣指定」などと言う文言が入っていますので、確認してみましょう。

それを踏まえて美容学校を選びますが、まずは通学の仕方を選びます。

高校や大学のように美容学校にも通信、夜間、昼間課程があります。
美容院などでアシスタントとして働きながら免許取得を目指す人もいれば、学業に集中したいという人もいますので、その人のライフスタイルに合わせて選択できます。

通信教育は何の勉強を目指すにしても続けるのが大変で、資格取得も挫折する人が多くいます。
この美容師の資格も例外ではなく、多くの実習などで実技の地技術の取得が重要な課題となるため、さらに通信課程での取得は難しいと考えられています。

忙しい勉強と仕事の両立を可能とするにはやる気だけでなく、職場の理解など現実的な課題もあります。

試験で注意すること

受験資格が得られたら、受験手続を踏み、試験です。

試験は実技試験と筆記試験です。
どちらも基準に達していないと合格にはなりませんが、どちらかだけ合格した場合には次回の試験のみその科目を免除されます。
試験合格後ですが、美容師の免許は自動的にもらえるわけではありません。

免許申請をしたのちに免許証を交付されます。

期限があるわけではありませんが、免許証がなければ美容師として仕事をすることはできないので、前もって速やかに申請をしておきましょう。

>>試験内容
美容師免許の試験内容についてご紹介します。

>>受験資格
美容師の国家試験を受験するには、ある条件を満たさなければなりません。

>>勉強方法
試験を受けるに当たり、どのように勉強するのが良いのでしょうか。

>>合格率
美容師の家試験の合格率はどれくらい?

>>国家試験を取るまでにかかる費用
資格を取るまでにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

>>専門学校の授業
美容専門学校で行う授業について。

>>専門学校の選び方
専門学校を選ぶ時は、しっかり内容を確認しましょう。